運営の取り組みによって、競艇は家族で遊べる施設へと変貌を遂げました。

競艇業界のプロモーション活動について解説するサイトのヘッダー画像

家族連れのイメージ

競艇はギャンブルというイメージが強く、何となく大人の娯楽と感じるでしょう。
しかし、そうしたイメージは思い込みであり時代遅れの価値観になって来ました。
現在は家族連れに向けた取り組みを行い、様々なプロモーションを行っています。
その結果、子供連れで競艇場に足を運ぶ人が増加傾向にあるのです。

 

競艇場なのに子供用の遊戯施設が充実しており、駄菓子屋も出店しています。
一部の競艇場では無料の映画上映を行うなど、複合型のテーマパークと化しているのです。
競艇業界が取り組む家族向けのサービスの内容を紐解いてみましょう。

 

子供向けの遊具施設が充実

カラフルなボルダリング

かなり本格的な遊戯施設が揃っており、開催されているイベントも豪華です。

 

記事:競艇場で開催される様々なイベント

 

例えばある競艇場では、工作コーナーを設置しており、ダンボールでボートを作る体験が出来ます。
子供であれば実際に乗り込めるサイズの工作を行うので夢中になれるでしょう。

 

巨大な迷路が用意されており、子供が脱出を目指して走り回るコーナーも存在しています。
大人でも楽しめる本格的な遊具施設は、競艇場だと言うことを忘れてしまうほどです。

 

他にも大きなプールで小型のゴムボートに乗れるレクリエーションも開催されています。
競艇を楽しむついでに家族で遊戯施設を利用してみてはいかがでしょうか?
子供が居るとたくさんのお菓子を貰えるケースもあるので、近隣の競艇場のイベントをチェックしてみてください。

 

競艇場なのに映画館がある

映画館の座席

福井県にあるボートレース三国では、250名が入場可能な映画館が完備されています。
競艇場なのに映画館があり、しかも子供が無料で視聴できる破格のサービスを展開しているのです。
大人は有料ですが、たった100円なので格安と言って良いでしょう。
子供に人気のミニオンズなどが上映されているのも高評価です。

 

ボートレースの合間に映画を見ても良いですし、競艇をやる大人と映画を見る子供に別れても良いでしょう。
家族向けを意識してテーマパーク化しているボートレース三国は、顧客獲得において先進的なのです。

 

競艇場は休日に家族で楽しめる

ギャンブルのイメージが強いため、どうしても子供向けに感じないかもしれません。
しかし、1度足を運べば印象が大きく変わるでしょう。
競艇場は変化しており、ボートレースも行われているテーマパークになっているのです。

 

ボートレースもギャンブルと考えず、どの船が1着になるか予想するゲームに近いです。
子供と一緒に観戦すれば、白熱した時間を共有出来るはずです。
工作コーナーや巨大な迷路、お笑い芸人やアイドルライブなども行われる競艇場は娯楽で溢れています。
休日は家族で競艇場へ遊びに行き、楽しい時間を過ごすのも1つの選択肢になったのです。