清掃ボランティアや被災地の支援など、競艇業界は様々な社会奉仕活動をしています。

競艇業界のプロモーション活動について解説するサイトのヘッダー画像

地球を守るイメージ

競艇業界は社会貢献活動も行っています。
近隣の清掃ボランティアや災害時の救助など、幅広い活動で社会へ奉仕しているのです。
寄付金も数千万円という単位で集めているため、競艇業界の貢献度は非常に大きいでしょう。

 

社会貢献の活動内容を知れば、今まで持っていた競艇のイメージが変わるかもしれません。
ここではあまり知られていない競艇業界の社会貢献活動について掘り下げたいと思います。

 

定期的な清掃ボランティア

道路を清掃

一部の競艇場では、地元の道路を練り歩いて清掃ボランティアを行っています。
ゴミ拾いは一見すると地味ですが、街の景観や治安維持に効果があるでしょう。
近隣住民から高い評価を受けており、感謝状が贈られた実績もあります。

 

積極的なコミュニケーションが行われている結果、競艇場は地元に受け入れられているとも言えます。
路上だけでなく公共施設の掃除なども行っているのも高評価でしょう。

 

被災地へのボランティア

大きな被害を残した東日本大震災や、その他の災害時にボランティア活動していることも覚えておきましょう。
競艇選手が被災地を訪れて、土砂を取り除く手助けをしたり炊き出しを行ったりしているのです。
被災地の小学生に対して野球やサッカーを行ったり、商業施設へ招待して交流戦を行ったり、活動は多岐に渡ります。

 

中には牡蠣の養殖作業に協力した事例もあり、600名以上の競艇選手が支援を行いました。
シイタケ栽培に利用する原木を積み上げる活動や仏像搬出も行っており、困っている被災者に尽力しているのが伺えます。
数十名、数百名という規模で被災地のボランティア活動をしているのは賞賛に値します。

 

社会貢献活動を評価する

チャリティーと書かれたハート

ギャンブルというイメージが先行してしまい、競艇選手に心無い暴言を吐く人がいます。
しかし、競艇は公営ギャンブルですし、社会貢献活動による多数の実績があるのです。
偏見を持たずに、競艇の価値を評価することも大切でしょう。

 

地元住民との交流も積極的に行われていますし、清掃ボランティアでは多大な貢献をしています。
実益を出しつつ気持ちにも寄り添う姿勢は、誠実な対応そのものでは無いでしょうか?
注目を集める大規模なプロモーションだけに頼るのではなく、地道な活動を続けている点は素晴らしいことです。
こうした社会貢献活動を評価しない人は逆に不誠実でしょう。

 

繰り返しになりますが、競艇業界は実益を求めるだけでなく気持ちにも寄り添っています。
競艇を遠ざけるのではなく地元を活性化させるパートナーとして受け入れるのも大切です。
そして何よりも、時間が出来た時は競艇場へ足を運びボートレースを観戦してみてください。
そこでは必ず新しい発見や日常では味わえない感動があるはずです。