YouTuberの起用によって若い世代がボートレースに興味を持つように?

競艇業界のプロモーション活動について解説するサイトのヘッダー画像

競艇の新しいプロモーション活動の場「YouTube」のロゴ

時代は移り変わり、プロモーションの手段新聞広告からインターネットへと舞台を変えました。
誰もがスマホを持つ時代であり、インターネットで広告を見ない日は無いと言っても過言ではありません。

 

こうした時代の変化に合わせてプロモーション内容も試行錯誤しなくてはいけないのです。
そんな中で、BOATRACE振興会はYouTuberを起用したプロモーション展開を行っています。
人気のYouTuberをインフルエンサーとして展開するプロモーションは時代に即したものでしょう。

 

ボートレース振興会が打ったYouTuberの動画プロモーションはどんなものだったのか、概要をまとめたいと思います。

 

ボートレースを楽しんでもらう動画

プロモーションを行う際に、ついついやってしまうのが情報過多にしてしまうケースです。
舟券の購入方法やボートレースの細かいルール、会場にある設備の紹介、いろいろな情報を出したくなってしまいます。

 

しかし、最も大切なのはボートレースに興味を持ってもらい、楽しいと感じてもらうことでしょう。
細かい情報は興味を持ってからで良いのです。

 

そうしたプロモーションの基本を押さえてあるのが、今回紹介するYouTuberの実況動画です。
白いマスクが特徴的なラファエルを起用したプロモーション動画は、実際に舟券を購入してボートレースを楽しむ内容でした。
レース終盤では、的中するかもしれない状況に思わず白熱する姿が映し出されボートレースの臨場感が伝わって来ます。
会場の雰囲気も映し出されており、汚い、怖いというイメージを吹き飛ばすことに成功したでしょう。
YouTuberを起用したプロモーションは若い世代へ強くアピール出来ました。

 

インターネットユーザーへのアプローチに成功

競艇の情報が載った新聞を子供がグシャグシャにするイメージ

従来のプロモーションは新聞広告が主流でした。
これでは新聞を読まない若い世代にボートレースをアプローチすることは出来ません。

 

その点、人気YouTuberを起用したプロモーション動画ボートレースを知らない若い世代へのアプローチに成功しました。
競馬や競艇などはギャンブルのイメージが強く、多くの人が怖いと感じています。
ほとんどが誤解であるものの固定概念は簡単に変えられないのです。

 

ですが、YouTuberの実況動画を見て、実際の雰囲気を見たことによりイメージは大きく変わったでしょう。
まさしく百聞は一見に如かずのことわざ通り、見たことによってポジティブな印象へ変わるのです。

 

また、Youtubeの動画を見て来場した人にはオリジナルのグッズをプレゼントする企画も行われています。
これにより動画を見るだけでは終わらず、来場を促すプロモーションになったのです。
他にも、個人的にボートレースを実況するYouTuberは複数いるため、遠回りながらボートレースのプロモーションに貢献しているでしょう。
インターネットを活用したプロモーションは非常に大切なのです。

 

記事:ボートレース芸人のイベント・ライブまとめ